カラーバス効果と車内広告

2020年03月30日

(株)ワンクルーのツバキです。突然ですが、「カラーバス効果」という言葉を聞いたことはありますか?
小難しそうですが、「何か特定のものを意識し始めると、それに関わる情報が自然と目に留まりやすくなる心理効果のこと」を言うそうです。だれにでも経験があることではないでしょうか?

その昔、中学生だった私はミスチルことMr.Childrenさんが大好きで、当時の私の目には「Mr」とつく言葉がなんでも飛び込んできていました。
そして現在、webの勉強をするようになってから、様々なサイトはもちろんですが、新聞の折り込みチラシ、街の中の看板やポスターなどが目に付くようになりました。今まで何気なく見ていたものばかりですが、世の中にはたくさんのデザインがあふれていることに気がつきました。
特に、通勤の地下鉄の中の広告はよく目が行きます。その中で目を引いた広告のひとつがこちらです↓↓

実はワンクルーでホームページを制作させて頂いた住宅型有料老人ホーム「モークシャ愛子」様の広告です。ホームページと一緒にワンクルーが製作させて頂いたものです。
自社のものですが、医師である宗像先生が患者様を背負っている画像、そして「支える!」と、とてもインパクトのある広告だなと見るたびに思っていました。

「カラーバス効果」からは離れてしまいましたが、地下鉄やバスで通勤されているみなさま、スマホから目を離し、時には車内の広告にも目を向けてみると何か面白い発見があるかもしれません!!

また、この広告に興味を持たれた方はぜひ、モークシャ愛子様のサイトもご覧ください。

住宅型有料老人ホームモークシャ愛子

[ カラーバス効果と車内広告 ]スタッフブログ,お知らせ2020/03/30 10:54