ホームページ制作の専門用語

ホームページ制作の専門用語

当社One-clue(ワンクルー)では、なるべくインターネットやパソコンに詳しくない方にも伝わるように努めております。それでも打ちあわせの際に専門用語を使ってしまい、ご依頼様を戸惑わせてしまうことがあります。なので、ホームページ制作をする際に出てくる可能性が高い用語をいくつかご紹介したいと思います!

サイト・WEB(ウェブ)

すべてホームページの事だと思って頂いてOKです。
「いいな~と思ったサイトはありますか?」=「いいな~と思ったホームページはありますか?」

サーバー

ホームページをインターネット上に出すには、サーバーという部屋がないと出せないようになっています。
大きな会社などは自社でサーバーを所持していたりします。それは自社ビルを持っているような感じです。通常そこまでしない事がほとんどなので、賃貸マンションのように1部屋かりるイメージで、レンタルサーバーを利用します。

ドメイン・URL(ユーアールエル)

どれも「○○○○.com」や「○○○○.jp」など、よくチラシや名刺に書いてあるアドレスのことです。ホームページを作ったらこのアドレス(ドメイン・URL)を看板や印刷物にも入れるといいでしょう。

PCサイト(ピーシーサイト)

パソコンで見る用に作ったホームページのことです。パソコンで見やすいというだけで、画面は小さくなりますがipadやスマートフォンなどのタブレットでも見ることは可能です。

スマホサイト・スマホサイト

スマートフォンで見る用に作ったホームページのことです。小さいサイズの画面でも見やすく、ボタンがタッチしやすく作ります。

レスポンシブサイト

同じURLのホームページが、パソコン・タブレット・スマートフォンなど、それぞれの画面のサイズに対応して、表示を変えて見やすくできているデザインです。今後はレスポンシブデザインが主流になると思われます。

Wordpress(ワードプレス)

ブログを生成するシステムで無料で提供されているものです。ブログと言っても、見た目はよく見る日記のようなものではなく、いわゆるホームページの見た目に仕上げることができます。マメに更新をする場合や、カテゴリーに分けて整頓したいページが多い場合はワードプレスでの制作が向いています。

サイトマップ

ホームページにどんなページが何ページあるか一目で見れる図面のようなものです。

TOPページ(トップページ)

ホームページの最初の画面のことです

下層ページ・静的ページ・コンテンツページ

TOPページ以外のページのことです

ヘッダー

ホームページの上の部分のことです。

フッター

ホームページの下の部分のことです。

サイドバー

ホームページの右側を右サイドバー、左側を左サイドバーと呼んでいます。

バナー

デザインが入ったクリックできるボタンのことです。

お問い合わせフォーム・メールフォーム

問合せや資料請求をしたい方が名前などの項目を入力できるように欄を設けたページです。

アップ・アップロード

作ったものを正式にインターネット上に出すことです。

ユーザー

ホームページを見る人のことです。

アクセス

ホームページを見る、訪れることです。

SEO(エスイーオー)

検索にかかりやすくする対策のことで、「検索エンジン最適化」といいます。

サーチエンジン・検索エンジン

YahooやGoogleのように、何かを探したい時・調べたい時に利用するものです。キーワードを入力すると情報を検索して順番に表示してくれるシステムです。

SNS(エス エヌ エス)

SNSはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略です。個人とのコミュニケーション機能があるブログ、Facebook、Twitter、LINE、Instagramなどの総称です。

ブログ

アメーバブログやFC2ブログなど、無料で利用ができるインターネット上に公開する日記帳のようなものです。個人の日記やコラムはもちろん、企業やお店の広告ツールとしても利用されています。