LP(ランディングページ)制作

LP(ランディングページ)制作


ランディングページ × Web広告 = 新規集客



LP(ランディングページ)とは

Web広告を経由してユーザーが最初に着地(Landing)するページのことです。
LPの目的は、Web広告から訪れたユーザーを「購入」「お問合わせ」「申し込み」など、決められたゴールに繋げることです。 縦長1ページのレイアウトで構成される場合が多く、一般的なホームページと比べるとリンクがほぼない為、ページを移ることによるユーザーの離脱を防ぐ仕組みになっています。また、初めて見たユーザーへブランドの印象が残るようなインパクトのあるデザインであることが多いです。

「誰」に向けたLPですか?

LP(ランディングページ)制作で一番のポイントは、「誰」に向けた情報か明確にすることです。 年齢、性別、お住まいの地域、ライフスタイルなど具体的に絞り、その方が見てくれる読んでくれるようなデザインや内容にします。たくさんの人に見てもらいたい気持ちは分かりますが、相手の像が曖昧だったり、多いほど、誰でも見てくれるが誰にも響かないLPができてしまいます。PV数(閲覧数)は多いが、CV数(決着数)が少なくなってしまいます。
そのためワンクルーでは、まず「誰」に向けたLPなのかを打ち合わせの中ですり合わせていきます。

LP(ランディングページ)を活用するために

LPをせっかく作ってもユーザーに見てもらわなければ意味がないですよね。そこで活用されるのが、リスティング広告です。
リスティング広告には、検索エンジンでキーワード検索した際に、目立つ位置に出る検索連動型広告と、広告枠があるサイトにバナーやテキストなどを表示するディスプレイ広告があります。特に検索連動型広告は、関連するキーワードを検索した人に直接的にアピールできるので、LP内のゴールに繋げやすくなります。

インターネット広告運用についてはこちら>

株式会社ワンクルー(One-clue)では、LP(ランディングページ)のデザイン・制作はもちろん、制作したLP(ランディングページ)を活用できるマーケティング戦略、リスティング広告のご相談も承っております。


ワンクルーのLP制作実績はこちら>
お問合せはこちら>